【マッチプレビュー】19〜20シーズン/リーガ第2節/バルセロナVSベティス

開幕戦を落としたバルサ。ベティス相手の第2節(ホーム開幕戦)は負けられない戦いになります。

が……。メッシが招集外。苦しい戦いになりそうです。しっかりと勝ちきれるか。

★昨シーズンの結果・開幕戦の結果と招集リスト

【リーガ】 首位(勝ち点87,+54)
【国王杯】 準優勝
【CL】 ベスト4

【19-20開幕戦】 VSビルバオ(A)0-1●

メッシ不在の開幕戦は良いところなく、敗戦。アドゥリスにゴラッソを決められてウノゼロ(0-1)で敗れました。ライバルのマドリー勢は第1節でしっかり勝ち点3を獲得。まだまだシーズンは長いですが、離される訳にはいきません。

18人が招集されました。みなさんご存知の通り、メッシは招集外。全体練習には復帰しているようですが、まだ本調子ではないのでしょう。まぁ、まだ無理をさせる(する)時期ではありません。

トップ所属で招集外はメッシの他に、骨折中のGKネト、開幕戦でケガをしたスアレス、デンベレ。戦術的理由でトディボ、ワゲ、アレニャーです。アレニャー……?

バルサBからは開幕戦に引き続きGKイニャキ・ペーニャ、FWカルレス・ペレスの2人がメンバー入り。

そして。31番のアンス・ファティ? がベンチ入りしています。

フベニールA(バルサBお一つ下の組織)に所属する16歳! 下部組織に疎い私は正直、名前を聞いたこともありませんでした。

西アフリカにある「ギニアビサウ」という国の出身(「ギニア」や「赤道ギニア」とは別の国らしいです)。

もしこの試合でデビューすれば、バルサ史上2番目の若さといいます。ポジションはCFタイプですが、ネクストメッシとも言われるアフリカ系特有の俊敏性、バネを生かしたプレーが持ち味の選手。という情報くらいしか分かりません。

この試合で出場する可能性は低いでしょうが、今後に向けても名前を覚えておくべき選手でしょう。

★対するベティスの昨シーズン・開幕戦の結果は

【リーガ】 10位(勝ち点50,-8)
【国王杯】 ベスト4

【EL】 ベスト32(決勝トーナメント1回戦敗退)

【19-20開幕戦】 VSバジャドリード(H)1-2●

キケ・セティエンのもと、徹底的にボールをつなぐ個性的なサッカーを展開した昨季は全体的に物足りない結果。特にリーガではボールを支配しつつも得点を奪えず、サポーターもモヤモヤとするシーズンでした。乾も定位置を確保できず。

新シーズンは、昨季までエスパニョールを指揮したルビが監督に就任。そのエスパニョールで活躍したFWボルハ・イグレシアスやMFナビ・フェキル(→リヨン)などを補強し、リベンジのシーズンになります。その他の中心選手は大体同じ。レジェンド、ホアキン・サンチェスやセルヒオ・カナーレスら実力者が揃います。

バルサのトップチームでもまずまず活躍したバルトラ、テージョも主力を担います。

開幕のバジャドリード戦は、試合開始直後に退場者を出す苦しい展開。一度は追いつくものの、試合終了直前に勝ち越しゴールを決められ敗れました。

アウェーのバルサ戦ですが、簡単には負けられません。

★みどころ

・【バルサ】メッシがいない どうやって点を取る

メッシは招集外になりました。これは予想外。全体練習には合流していたので、最低でもベンチ入りはすると思っていました。ホーム開幕戦+開幕負け+前線にケガ人続出という苦しい局面ですが、状態が上がってこなかったのか。

さて、前線(3トップ)の組み合わせはどうなるでしょう。

グリーズマンは確定。ラフィーニャ、セルジ・ロベルト、カルレス・ペレスの3人から2人がスタメンに選ばれるでしょうか。いきなりアンス・ファティを抜擢する賭けはしないはず。

もしくは、フォーメーションの変更もありそうです。可能性としてあるのは4-4-2、3-5-2。

近い将来、必ず直面する「脱メッシ」という部分では注目したい部分です。どうやって点を取るか。グリーズマンがどこまで個性を発揮できるか。

・【バルサ】バルベルデの考え方 中盤の組み合わせ

もう一つの注目点は、中盤の組み合わせがどうなるかということです。

開幕戦は、ピポーテにフレンキー、インテリオールにアレニャー、セルジでした。そして後半頭からはラキティッチが投入されました。

結局ブスケツは出番なし。この試合では開幕戦ベンチ外だったアルトゥール、アルトゥーロ・ビダルも召集されているので、指揮官バルベルデがどういう判断をするか注目です。

この試合のフォーメーション、中盤の並び、起用方法で、何となくバルベルデの考え方(頭の中)が見える気がします。それにしても、アレニャーの招集外は驚きました。

開幕戦、そんなに悪くなかったのに…。

★最後に

さて、何度も言いますがメッシがいません。ただ、ホーム開幕戦、負ける訳にはいきません。開幕戦も落としているんですしね。

前線は特にネームバリュー的にも物足りないですが、ラフィーニャ、グリーズマン、セルジの並びも見てみたい気がします。人員過多の中盤を増やす判断になりそうですが。

ベティスは難しい相手です。開幕戦を落としているので、あちらも尚更必死になって戦ってくるはず。ここで気持ち的に負けてしまうようであれば、メッシが復帰しても今シーズンは厳しくなってきます。

バルサの選手たちの気持ち的な部分にも期待しましょう。

グリーズマンに対する現地クレの反応も注目ですね。

Follow me!