【マッチプレビュー】18〜19シーズン/リーガ第36節/セルタVSバルセロナ

CLリヴァプール戦の快勝から中2日。リーガ優勝を決めているバルサにとって、リーグ戦残り3試合はコンディション調整+若手のアピール機会です。みなさんご存知の通り、今回のセルタ戦、主力メンバーがごっそり招集外になっています。ヤングバルサのアピール合戦に期待しましょう。

★直近5試合の結果と招集リスト

・CL準決勝1stレグVSリヴァプール3-0○(H)5/1
・リーガ35節VSレバンテ戦1-0○(H)4/27
・リーガ34節VSアラベス2-0○(A)4/23
・リーガ33節VSレアル・ソシエダ2-1○(H)4/20
・CL準々決勝2ndレグVSマンチェスター・U3-0○(H)4/16

まずは何よりもリヴァプール戦。苦しみましたが、最高の結果を得ました。そして注目は守備の安定です。ここ8試合で1失点。リーグ戦11試合連続失点を喫していた前半戦が嘘のような鉄壁ぶりですね。ビッグゲームでもしっかり勝ちきり、3冠達成に手の届くところまで来ています。

招集リスト

ワクワクの招集メンバー18人です。まずはベンチ外の選手からおさらいしましょう。テア・シュテーゲン、ピケ、ラキティッチ(累積)、ブスケツ(累積)、スアレス、メッシ、ジョルディ・アルバ、セルジ・ロベルトの主力8人は完全休養。バルセロナに残っています。そしてケガはラフィーニャ。

バルサBからはリキ・プッチ、イニャキ・ペーニャ(GK)、アレックス・コリャド、ワゲの4人が招集リスト入りしました。テア・シュテーゲンがベンチを外れているので、シレッセンの今季リーガ初出場が濃厚です。

3日前のリヴァプール戦に出場した選手では、セメド(途中出場)、コウチーニョ(スタメン)、デンベレ(途中出場)、ラングレ(フル出場)、アレニャー(途中出場)、ビダル(フル出場)が遠征に帯同。ラングレ、ビダルはほぼ間違いなくお休みでしょう。

反対にアレニャー、デンベレはスタメン濃厚か。注目はコウチーニョ、そしてリヴァプール戦で出番のなかったアルトゥールの扱いくらいですかね。あとはトディボら若手とBの選手たちに期待しましょう。

★対するセルタの直近5試合は

・リーガ35節VSレガネス0-0△(A)4/27
・リーガ34節VSエスパニョール1-1△(A)4/24
・リーガ33節VSジローナ2-1○(H)4/20
・リーガ32節VSアトレティコ0-2●(A)4/13
・リーガ31節VSソシエダ3-1○(H)4/7

勝ち点37で現在15位のセルタ。一時は降格圏に沈んでいましたが、イアゴ・アスパスの復帰でチームに勢いが戻りました。とはいえ、18位バジャドリードとは勝ち点差わずか2。

完全にBチームのバルサ相手、しかもホームでの戦いなので、最低でも引き分け以上の結果が欲しいところです。アスパスはもちろん、マキシ・ゴメス、ブファル、ピオネ・シストら前線のタレントは豊富。ビジャレアルと同じように、このチームが降格してしまうとリーガ全体にとっても痛手です。ぜひ残留して欲しい。

もちろん、ヤングバルサの勝利を願っていますけどね。

★スポルトの予想スタメン(フォーメーション)は↓↓

このゲームへの関心が低いのか、スポルトの予想スタメンがアップされていません。代わりに私の希望スタメンでも載せときます。

スタメン希望

完全に妄想ゲームですが、こんな感じですかね。ポイントは2つです。

・4-3-3で戦って欲しい
・ムリージョ、ボアテングは起用しないで欲しい

この条件、満たしてくれるでしょうか。

まず1つ目の4-3-3希望。理由は、バルサのトップチーム(ガチスタメン)は4-3-3の戦いをベースとしているからです。前回大幅ローテーションを敷いたウエスカ戦では5-3-2が採用されましたね。あれは正直嫌でした。

選手の適性ポジションにうまく当てはまるフォーメーションをただ採用しただけの印象です。それなら多少バランスを崩してでも、4-3-3で戦って欲しいと思います。

2つ目はシンプル。今季限りでの退団が決定的で、実力的にも疑問が残る2人は起用する必要がありません。コリャドはCFの選手では無いのはなんとなく承知していますが、それでもボアテングを使わないで欲しい。あくまで、若手のアピール機会にして欲しいです。

コウチーニョ、デンベレはスタメンor途中出場で45-60分くらいのプレーでいいかと思います。

最後に

更新が遅くなって申し訳ありません。この試合は気楽に楽しみましょう。リヴァプール戦のレビューは、しっかりしたものを5月5日中に必ずアップします。

Follow me!