【マッチプレビュー】18〜19シーズン/リーガ第27節/バルセロナVSラージョ・バジェカーノ

久々のホーム戦。カンプ・ノウに19位ラージョを迎えます。正直、今の状況で気になるのはこの試合よりも4日後(中3日)のCLリヨン戦2ndレグ。主力選手を調整させつつ、無駄な体力は使わず、しっかりと勝ち点3をゲットしたい。そんなところでしょうか。

○直近5試合の結果と招集リスト

スーペルコパ・カタルーニャVSジローナ0-1●(N)3/6 リーガVSレアル・マドリード1−0○(A)3/2 国王杯VSレアル・マドリード3−0○(A)2/27 リーガVSセビージャ4−2○(A)2/23 チャンピオンズリーグVSリヨン0−0△(A)2/19

招集リスト

18人が招集されました。ラングレは出場停止でお休み。ケガはラフィーニャ、ベルマーレンです。戦術的理由でトディボ、ボアテングがベンチを外れています。スーペルコパ・カタルーニャで良いプレーを見せていたトディボくらいはベンチ入りさせるかと思いましたが、バルベルデは鉄板のメンバーを組んできました。

そして、ヴィッセル神戸への移籍が発表されたセルジ・サンペール。6歳からバルサのアカデミーでプレーし、全カテゴリーを経験してトップデビューした選手です。今季もケガに悩まされ完全に戦力外となっていましたが、まだ24歳。彼をJリーグで見られるのは幸せですね。日本で活躍してバルサに戻ってくる可能性だってあるんですから、応援しましょう。

グラシアス、セルジ!

○対するラージョの直近5試合は

リーガVSジローナ0-2●(H)3/1 リーガVSヘタフェ1−2●(A)2/23 リーガVSアトレティコ・マドリード0−1●(H)2/16 リーガVSエスパニョール1−2●(A)2/9 リーガVSレガネス1−2●(H)2/4

昇格組のラージョは現在リーガ5連敗中。リーグ19位と低迷しています。45失点と守備も悪い。ここまで10得点と一人奮闘しているラウル・デ・トマスに、どれだけ良い形でボールを渡せるか。苦しい戦いが予想されます。

○スポルトの予想スタメン(フォーメーション)は↓↓

スポルトの先発予想

スポルトはある程度のローテーションを予想しています。右サイドバックにはセメド、ピポーテにはラキティッチが入り、インテリオールにはアレニャー、アルトゥーロ・ビダル。3トップは右からマウコム、メッシ、コウチーニョとなっています。

どれだけ当たるか分かりませんが、スポルトの記者がこの1週間取材をして、数人のローテーションはあると予想したのでしょう。ホームのラージョ戦なので、メンバーは関係なくしっかりと勝つ必要があります。

○みどころ

・リヨン戦に向けて

クレの頭の中は、ほとんどリヨン戦のことでいっぱいでしょう。正直、私もそうです。監督や選手も、メディアの前では「まずは目の前の試合(ラージョ戦)」と言っているでしょうが、気持ちはCLに向かっているはずです。

それ自体は悪いことでは無いと思います。なので、この試合のミッションは“リヨン戦から逆算してコンディションを整えつつ勝つこと”でしょう。主力のうち数人はベンチスタートになるはずです。完全に休ませるのか、30分ほど出場させるのか。メッシは何分間使うのか。など、バルベルデはやることがたくさんあります。

コンディション自体は個人差もあるので、選手とメディカルスタッフ、そして監督(コーチ陣)との相談になるでしょう。チーム全体としてはケガ人も少なく雰囲気も良いはず。期待しましょう。

・コウチーニョ

さて、好調のチームにあって、唯一波に乗り切れていないのがコウチーニョです。キラリと輝くプレーを見せる時もあるのですが、継続性が無い。画面越しに見ても「自信が無いんだろうな」と伝わってきます。

現在の左ウイングのスタメンはデンベレ。コウチーニョは完全に交代要員になってしまっています。何かキッカケが掴めれば…。そんなこんなで約2ヶ月ほど不調が続いています。

本来はベンチに座っている選手ではない。本人にもその自覚はあるはずです。

ラージョ戦ではおそらく長い出場時間が与えられるでしょう。リヨン戦でバルベルデがスタメンを悩むくらいのプレーを見せて欲しい。

Follow me!