【マッチプレビュー】18〜19シーズン/リーガ第23節/アスレティック・ビルバオVSバルセロナ

コパクラシコ直後のリーグ戦。ビルバオのホーム、要塞サン・マメス・バリアに乗り込んでの一戦だ。前日のマドリードダービーでは、レアル・マドリードが勝利。アトレティコを抜き2位に浮上した。バルサとの勝ち点差は暫定で5。じわじわと差を詰めてきている。第7節カンプ・ノウでのビルバオ戦は1−1の引き分け。メッシがベンチスタートし、先制される苦しいゲームだったがムニルの同点弾でなんとか勝ち点1を得た。今月からはCLも再開し難しい相手との試合が続く。アウェーゲームだがしっかりと勝って勝ち点を積み重ねたい。

直近5試合の結果と招集リスト

国王杯VSレアル・マドリード1−1△(H)2/6 リーガVSバレンシア2−2△(H)2/2 国王杯VSセビージャ6−1○(H)1/30 リーガVSジローナ2–0○(A)1/27 国王杯VSセビージャ0−2●(A)1/23

招集リスト

ベンチ入り18人+1。クラシコでベンチスタートだったメッシはメンバー入り。デンベレもケガと体調不良から復帰し、久しぶりに招集された。ジョルディ・アルバ は出場停止。ケガはアルトゥール、ラフィーニャ、シレッセン。全体練習に復帰したウムティティも今回は招集されなかった。セルジ・サンペール、トディボは戦術的理由でベンチ外。バルサBから左サイドバックのミランダ、GKイニャキ・ペーニャが招集されている。

スポルトの予想スタメン(フォーメーション)は↓↓

スポルトの先発予想

メッシ、デンベレはベンチ。スポルトは引き続きマウコムが先発起用されると予想している。インテリオールはおじさん3人、サイドバックは右セメド、左セルジ・ロベルトが予想されている。アレニャーやミランダをスタメンで使って欲しいが、バルベルデはそんな冒険しなさそう。ムリージョ、ボアテングもなかなか出場機会に恵まれない。

対するビルバオの直近5試合は

リーガVSレアル・ソシエダ●1−2(A)2/2 リーガVSベティス1−0○(H)1/27 リーガVSビジャレアル1−1△(A)1/20 国王杯VSセビージャ1–0○(A)1/16 リーガVSセビージャ2−0○(H)1/13

ここまで5勝11分6負の13位。勝ち切れない試合が多く降格ラインまで勝ち点差3と低迷している。前節はバスクダービーで敗れ、国王杯はすでに敗退。さすがに降格することはないだろうが、毎シーズン力強い戦いでリーガを盛り上げてくれる存在だっただけにここまでは残念な結果だ。今季の攻撃の軸はスピードのあるウィリアムス、調子の良いムニアイン。アドゥリスはケガを繰り返し存在感を示せていない(この試合も招集外)。 ホームのバルサ戦で浮上のきっかけをつかめるか。

みどころ

・アルバ不在

バルサの攻撃で最も大きな武器であるジョルディ・アルバが出場停止。どうやって相手を攻略するか注目だ。左サイドバックはセルジ・ロベルトになるだろうが、 この試合でどこ(誰)を起点に攻撃するかは楽しみなところ。

・アルトゥール不在

アルトゥールはこれから約1ヶ月離脱する。おじさんトリオ(ブスケツ・ラキティッチ・ビダル)以外に中盤で存在感を示せる選手が出てくるか。やはりアレニャーに期待したい。彼はアルトゥールよりもゴールに近い位置でプレーできる選手。得点に絡む仕事をたくさんできれば、ビッグマッチでもスタメン出場できるプレイヤーになるだろう。

場合によっては今後、セルジ・ロベルト、コウチーニョらもインテリオールで起用される可能性がありそう。

・ウイングのスタメン争い

デンベレが復帰した。マウコムもクラシコでゴールを決めるなど好パフォーマンスを披露。通常はメッシが右で出場するのは間違いないので、左ウイングのポジションをコウチーニョも含めた3人で争うことになる。ケガでの離脱もあったが、デンベレが第一候補だろう。いよいよコウチーニョも正念場だ。

・要塞サン・マメス・バリア

ビルバオの監督を務めていたバルベルデにとっては馴染みのあるスタジアムだが、バルサにとっては難しいアウェーゲーム。ここで敗れるとレアルに勇気を与えてしまう。ウィリアムスの後ろでプレーするムニアインをしっかり捕まえられるかがポイントになりそう。

Follow me!