【マッチプレビュー】18〜19シーズン/国王杯準々決勝2ndレグ/バルセロナVSセビージャ

先週の1stレグを0−2で落とし、勝ち抜けには3点差以上の勝利が求められる厳しい一戦だ。セビージャは攻撃陣が特に好調だが、舞台はカンプ・ノウ国王杯5連覇を目指して、何としてでも次のラウンドへ進出してほしい。

直近5試合の結果と招集リスト

リーガVSジローナ2–0○(A)1/27 国王杯VSセビージャ0−2●(A)1/23 リーガVSレガネス3−1○(H)1/20 国王杯VSレバンテ3−0○(H)1/17 リーガVSエイバル3−0○(H)1/13

招集リスト

現状のベストメンバーを招集した。ウムティティ、デンベレ、ラフィーニャはケガ。ムリージョとセルジ・サンペールは戦術的理由でベンチを外れた。Bチームからの招集も無し。デニス・スアレスはアーセナルへのローン移籍が確実となった。(日本時間1月30日21時現在で正式発表はまだ)

スポルトの予想スタメン(フォーメーション)は↓↓

スポルトの先発予想

ベルトメンバーで巻き返しを図るだろう。スポルトは右サイドバックセルジ・ロベルトを予想した。それ以外に議論の余地は無し。ボールを支配する時間が長くなることが予想されるので、私も好調セメドよりセルジ・ロベルトを推したい。

対するセビージャの直近5試合は

リーガVSレバンテ5−0○(H)1/26 国王杯VSバルセロナ2−0○(H)1/23 リーガVSレアル・マドリード0−2●(A)1/19 国王杯VSビルバオ0−1●(H)1/16 リーガVSビルバオ0−2●(A)1/13

直近のレバンテ戦では後半だけで5得点を挙げ大勝。ベン・イェデル、アンドレ・シウバ、サラビアら攻撃陣は好調だ。バルサにとってラッキーなのは、先週の対戦でも苦しめられたヘスス・ナバスがケガで欠場することだろう。

みどころ

・鍵になる先制点、そして失点

開始からエンジン前回のバルサを見られるのはある意味楽しみ。どれだけ早い時間に1点目を取れるかで、試合の運び方が変わってくる。国王杯5回戦レバンテ戦では、アウェー1stレグで1−2の敗戦を喫するも、2ndレグで前半のうちにデンベレが2得点。楽に試合を運ぶことができた。

ただセビージャ相手では、そんな簡単にはいかないだろう。とにかく前半のうちにできれば1点、そして必ず無失点で折り返したい。

プラン通りに試合が進まなくとも、昨シーズンのリーガ第30節を思い出したい。セビージャにギリギリまで追い詰められ、試合時間残り3分で0−2の状況。スアレスとメッシで2分で2得点をゲットし、リーガ無敗記録を継続させた。バルサにはそれだけの力がある。どんな状況になっても、諦めずに最後まで戦ってほしい。

・セビージャの戦い方

2−0で勝っている状況から、どのような戦い方を選択するか。バルサとしては、引いて守ってくれるとありがたい。反対に、アウェーゴールを奪うために1stレグ同様に前線からプレスをかけられると苦しい。セビージャ指揮官パブロ・マチンはどちらを選択するか。開始5分、そして試合が少し落ち着くであろう前半15分ごろのサッカー(セビージャのプレス開始位置。守備陣系など)に注目したい。

もし私がセビージャの監督なら、後半30分まではアウェーゴールを奪いに行く戦いを選択する。(セビージャからして2戦合計2−0、2−1の状況なら)

・コウチーニョ

長い説明はいらない。この試合でどれだけチームに貢献できるか走れるか体を張れるか気持ちを見せられるか。そしてゴールに絡めるか。期待しましょう。

・シレッセンのために

コパ専門の最強第二GKシレッセンのためにも、何としてでも次のラウンドへ進みたい。ここで彼のシーズンを終わりにするのは、あまりにも申し訳なさすぎる。移籍の噂もこのタイミングで出始めた。来季どうなるかは分からないが、シレッセンのためにもぜひ勝利を!

・カンプ・ノウの後押し

現地平日の遅い時間(21時半)キックオフのゲームで、どれだけ観客が集まるか。メッシもメディアを通じてファンに「カンプ・ノウに来てくれ」と呼びかけている。逆転には、スタジアムの後押しが不可欠だ。日本にいるクレの皆さんも画面の前から応援しましょう!

Follow me!